FAQブログ

Microsoft Access 2016の起動が遅い理由

Microsoft Access 2016の起動が遅い理由

1. ハードウェアのリソース不足

  • RAMが不足している場合、アプリケーションの起動と実行が遅くなることがあります。
  • 古いまたは遅いハードドライブ(特にHDD)を使用していると、データの読み書きが遅くなります。

2. データベースファイルのサイズ

非常に大きなデータベースファイルを扱っている場合、起動時にその全てを読み込む必要があるため時間がかかることがあります。

データベース

3. ネットワーク遅延

データベースファイルがネットワーク上の共有場所に保存されている場合、ネットワークの速度や安定性が起動時間に影響を与える可能性があります。

4. ソフトウェアの更新が不足している

Access 2016自体または関連するOffice製品が最新のアップデートを受けていない場合、パフォーマンスの問題が発生することがあります。

5. 同時に多くのプログラムが実行されている

コンピュータが他の多くのアプリケーションを同時に実行していると、リソースが分散され、Accessの起動が遅くなることがあります。

6. セキュリティソフトウェアによるスキャン

アンチウイルスソフトウェアなどがAccessの起動時にファイルをスキャンすることで、起動が遅くなることがあります。

セキュリティソフト

7. アドインやマクロの影響

Accessにインストールされているアドインや、データベース内で実行されるマクロが多いと、それらが起動時に読み込まれるため、遅延が発生することがあります。

8. データベースの整合性と修復の問題

データベースファイルが破損している場合や、定期的なメンテナンスが行われていない場合、起動時にエラーが発生したり、読み込みが遅くなることがあります。

これらの問題に対処するためには、
システムのリソースを増やす、データベースの最適化を行う、不要なアドインを削除する、ネットワーク設定を改善する、定期的なアップデートを行うなどの対策が有効です。

対策

Access 2016のサポート終了日までに、アップグレードのスケジュールを立てると良いでしょう。

Microsoft Access 2016のメインストリームサポートは2020年10月13日に終了しましたが、延長サポートは2025年10月14日まで続きます。メインストリームサポートが終了すると、新機能の追加や無償の製品サポートは提供されなくなりますが、延長サポート期間中はセキュリティ更新が続けられるため、この期間までは基本的なセキュリティ保護が保たれます。

アップデートのスケジュールの参考にされてください。

一覧へ戻る