FAQブログ

Microsoft Accessのサポート期限と最新バージョンに移行する利点

更新日:

Accessのサポート終了期限

Microsoft Accessにはサポート期限が設けられており、期限を過ぎるとAccess自体の更新がされず、セキュリティの面からもリスクを抱えながら使用することになります。
サポート期限はAccessのバージョンごとに違い、以下の通りとなっています。

  • Access 2016: 公式のサポート終了日は2025年10月14日です。
  • Access 2019: 公式のサポート終了日は2025年10月14日です。
  • Access 2021: 延長サポート終了日は2031年10月13日です。
    ※Access2013以前のサポート期限は終了しています。

最新バージョンにアップデートする利点

最新バージョンにアップデートすることには、以下のような多くのメリットがあります。

セキュリティ強化

最新バージョンでは、最新のセキュリティアップデートとパッチが適用されており、データベースがより安全に保たれます。サポートが終了したバージョンを使用し続けると、セキュリティリスクが高まります。

新機能の利用

新しいバージョンには、パフォーマンスの向上、新しいデータ型、拡張機能、改善されたユーザーインターフェースなど、多くの新機能が含まれています。これにより、より効率的で機能豊富なアプリケーションを開発できます。

互換性の確保

最新バージョンは、新しいOSや他のMicrosoft製品との互換性が保証されています。これにより、システム全体の一貫性と互換性が確保され、問題が発生しにくくなります。

サポートとサポートリソースへのアクセス

最新バージョンを使用することで、Microsoftのサポートチームからの支援を受けやすくなり、トラブルシューティングや問題解決が迅速に行えます。

改善されたパフォーマンス

新しいバージョンでは、パフォーマンスの最適化が行われており、大規模なデータセットや複雑なクエリの処理がより効率的になります。

バグ修正

新しいバージョンには、以前のバージョンで報告されたバグや問題が修正されています。これにより、安定性と信頼性が向上します。

これらの理由から、Microsoft Accessの最新バージョンにアップデートすることは、セキュリティの強化、機能の向上、互換性の確保など、多くの利点を提供します。

一覧へ戻る